横浜サイエンスフロンティア高校の偏差値入試倍率情報サイト 神奈川県高校受験辞典
神奈川県高校受験辞典ヘッダー画像

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校
神奈川県高校受験辞典

横浜サイエンスフロンティア高校

  • このページでは、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校の偏差値・内申点・入試倍率・住所・最寄り駅・受検料・授業料などの情報を掲載しています。
  • 住所:横浜市鶴見区小野町6
  • 最寄り駅:JR鶴見線「鶴見小野」駅より徒歩2分
  • 電話:045-511-3654

横浜サイエンスフロンティア高校の偏差値,内申点,学力平均得点

横浜サイエンスフロンティア高校偏差値と合格平均内申点、合格入試平均得点を掲載。
偏差値は合格可能性80%の数値です。内申点と平均得点は合格者の平均値です。
内申点は45点(5段階9教科×2年)+90点(5段階9教科×3年×2)の135点満点です。

理数科
年度 偏差値 内申点 入試平均点
2017 69 117.7 401.9
2016 68 120.3 411.8
2015 69 122.0 408.9

スポンサーリンク

神奈川県公立高校偏差値神奈川県公立高校偏差値一覧
神奈川県私立高校偏差値神奈川県私立高校偏差値一覧

横浜サイエンスフロンティア高校の入試選抜方法

2017年(平成29年)横浜サイエンスフロンティア高校理数科の第1次選考基準
試験科目 比率 重点化
内申 入試 面接 特色
英国数理社 3 5 2 2 あり
特色検査の内容:自己表現
重点化の内容:内申の英,数,理(×2)、入試の数,理(×2)

面接の評価の観点
入学希望の理由
中学校での教科等に対する学習意欲
中学3年間での教科等以外の活動に対する意欲
高校での教科,科目等に対する学習意欲
高校での教科,科目等以外の活動に対する意欲
学校,学科等の特色理解
将来の展望
面接の態度
その他の観点:科学に対する興味・関心

横浜サイエンスフロンティア高校の入試倍率(競争率)

横浜サイエンスフロンティア高校の過去に行われた入試の倍率情報です。

年度 学科 募集数 受験者 合格者 倍率
2017 理数 238 357 238 1.55
2016 理数 238 358 238 1.46
2014 理数 238 359 238 1.55
2013 理数 238 412 238 1.76

スポンサーリンク

横浜サイエンスフロンティア高校の学費

横浜サイエンスフロンティア高校入学金、授業料などの学費情報
受験料:2,200円

入学料 5,650 授業料(年額) 118,800

・授業料は就学支援金が支給されるため、実際の負担金は0円となります。
・一定の所得がある世帯(年収910万円程度)は、授業料を負担する必要が生じます。

横浜サイエンスフロンティア高校の指定推薦大学

横浜サイエンスフロンティア高校を推薦入学の指定校としている大学

・横浜市立大学 ・早稲田大学 ・慶應義塾大学 ・中央大学 ・法政大学 ・青山学院大学 他

横浜サイエンスフロンティア高校の大学合格実績

2017年度

東京大1、京都大3、東工大8、横浜国大8、筑波大11、早稲田大18、慶應大18、上智大6、東京理科大65、明治大63、青山学院大29、立教大13、中央大22、法政大26、日本大36、東洋大8、駒澤大2、専修大4、東海大12、帝京大1、國學院大1、成蹊大1、成城大2、明治学院大4、神奈川大29、芝浦工大28、東京電機大3、日本女子大1、東京都市大29、関東学院大6、玉川大14、工学院大4、千葉工大2、立正大3、立命館大2、東京経済大1

スポンサーリンク

  • 横浜サイエンスフロンティア高校 神奈川県高校受験辞典

このページの先頭へ

SEO [PR] Z[ t[Mtg@KF ₦΍ ^T[o[SEO